スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺的にね。 

カテゴリ:HOW TO?

こんばんは。
え~~、コメントを返さないとね。

お、1発目これか~~~!!!
ってことで、少し長くなりそうなのでBLOGアップ!

ぱん君、公開でごめんね。
俺もアンドウのトゥが好きで、スノーボーダー買いました!!パズルも購入して研究してるのですが、もう少し詳しく知りたいので教えてください!アプローチの荷重具合は、後ろ足寄りですか?上に抜くとは、頭の方向ですか?詳しく知りたくて、おねがいしま-す。岐阜や関西圏でも、キャンプしてくださーい!!!

って質問。
「パズル」ね。
はは、幻の作品だね。
本編70分!!

誰が買うかって~~~の!!??

あ、いた!!
ありがとう。

で、HOW TOってさ、多少個人差あると思います。
俺が雑誌ぺらぺら見て
「これはねえわ!!」って思う時もある。
だからその逆もあれば、
「なるほど!」って思うのもある。

が、

大抵はいやいや、そのさらっと触れてる部分を知りたいし、HOW TOせなあかんのじゃないかな?
って思う。
でも記事にすると地味&難しい

だから毎年同じ内容。

どうですか?雑誌社の皆様???

はは、怒られそうだな。
ま、俺の個人的な意見ね!!

おっと本題。

まずアプローチの荷重具合は、後ろ足寄りですか?

俺的には、
ストレートと一緒。

が理想。

ストレートが基本でしょ?
一緒で良いです。

でもスピンしたりすると力んで前乗りになっちゃうこともあるじゃん。
そういう時は後ろ足を少し大げさに踏んだりするよね??

SWスピンとか特にさ。

でもストレートがしっかり出来てれば同じ重心位置、踏み方で良いと思います。
ま、実際のところ見なきゃ分からんね。
参考になるかな?こんな適当で、、、、。

さて次。
上に抜くとは、頭の方向ですか?

お、分かりにくい表現だったかな??
逆に頭の方向??
まあ確かに上か。
だからそう!!!です。

オーリーってあるじゃん。
スピンの練習中に、そして覚え始めにオーリーするのって難しいよね?

だからオーリーは別にしなくてもいいんだけどさ、
上半身の引き上げは必要ですよね。

そもそもオーリーって上半身の引き上げ使うじゃん。
言い換えると前足と前胸の縦のライン引き上げ(*地球に対して垂直に)るじゃん。

それに先行動作を加えるだけなんだよね。

だから頭の方向になるのかな??

大雑把だけど

ストレートは
引き上げ~引き付け~グラブでしょ?

スピンは
引き上げ&先行動作~引き付け(回転数によっては目線の流しなどもろもろ)~グラブ

紙面の図にあったようにワインのコークスクリューの原理な訳ですよ。

これまた分かりにくいのかな??

で、
岐阜や関西圏でも、キャンプしてくださーい!!!

、、、、、、、。
難しいな。

お店や何かの依頼であれば全然やりますけど、

個人のYNMでは予定してないです。

すまん!!!
スポンサーサイト

スノーボーダーで! 

カテゴリ:HOW TO?

こんにちは!!

有楽町にあるSNOWBOARDERの編集部に行ってきました!!
20091001165844


来月号にトゥ抜けのFSスピンのHOW TOの解説に行ってまいりました。

え~~、トゥ抜きで悩んでる方、参考になれば嬉しいです。

そしてトゥを練習してる教え子たち、この号だけは買いなさい!!(上から目線)


良い例1つ。

駄目な例たくさん。

体を張って撮影しました。

写真撮ってたリョウは終始笑ってたわ。

人の気も知らないで。


わざと失敗するのはめちゃめちゃ恐ろしいんです。

分かりやすい内容になるよう打ち合わせてきたので
楽しみにしておいてください!!!

回転方向 

カテゴリ:HOW TO?

20070423000147

こんばんは。
え~、ハイテク5,1を終えて帰りの道中で考えていたことなんですが、
皆さん、キッカーで得意な回転方向ってありますよね?
僕の場合は逆時計回りなんです。
つまりレギュラーのFSとSWB方向ですね。まあ、最近はBSも結構できるように
なってきたんですけど、、、、、。
でね、今シーズンの北海道トリップで確信に変わったんですが、
レールの場合にスピンインやスピンアウトをする時は時計回りの方が
得意なんです。
スピンインだったらBS270IN、CAB270INでアウトなら
CABFSリップ270OUT、SWBSボード270OUTみたいな、、、、、。
理由はあんまり分からないんですが、なんかこっちの方が自信を持って
できるんです。
ハイテク中でもこれらのトリックの方がメイク率が高かったし、とっさに
出る技でした。
まあ、だから苦手だなって思う方のトリックをしっかりやれってことですね。
NZや新横で練習しまくって、次のシーズンにつなげようと決心しました。
昨日述べましたが、僕にとってハイテクはシーズン中で最も過酷な
イベントです。
別にリフトに乗っても良いのですが、僕は朝現場に向かう時や昼食後
また現場に上がる時意外はリフトを使わないようにしています。
何故?
それが僕の宿命であると思い込んでるからです。
ハイテク頑張り担当であり続けていきたいなと30手前にして思っております。
話はかわるけど、ライダーが大集合するイベントってかなりいいすね!
刺激も受けるし、勉強になるから。
アルツでやったTWSJのジャンプセッションやハイテクもそうでしょ、
最近ないけどスノスタのスタイル魔王も同じ!
コンテストと違うから皆と騒ぎながらプレッシャーなくできるのでかなり
楽しいんです。
こういうイベントがたくさんあるといいなあ。
ちなみにこれ昨日のナイトセッションのときにライディングしている僕です。

スタンス 

カテゴリ:HOW TO?

20070416222613
最近スタンス幅を58CMに広げてみた!(前は56CMね)
なかなか調子良い。
というよりなんか気分てきにかっこいい!
う~ん、微妙(^_^;)
でも空中で下半身が四角だったり、ジブなんかのスタイルは広い方がかっこいいすよね。

幅が広くなると着地が安定します!どっしりする。
一方でカービングがしにくくなるのでこのバランスは大切かなと思います。

で、最近は、特に若い子たちはものすごいスタンス幅が広い!
マサキも広過ぎて股関節を痛めるほど広いし、トモも身長が大きいのもあるけど64CMぐらい!石田タカヒロ(FOURM)にいたっては身長170CMで64CM(^_^;)だったかな?
とにかく広い!広ければ良いのか?
まあ浜は昔から広くてスタンス幅は広げれるだけみたいな。時代をいつも先取りしているな!

僕はもともと54CMぐらいと標準でしたが、コウヘイに「ダサイ」と言われ56CMに!
そして最近の58CMにいたるわけです。

でもね、身長166CMに対して短いのですよ、足の長さが(T_T)もう多分ありえないくらい。だから58CMてかなり無理してるんじゃないかなって思うし、膝を痛めそうで怖い。
まあ上記の人よりはいいかもしれないけど。

まあ何が言いたいのか全く分からないけど、58CMはかなりお気に入り!膝も股関節も問題ないしね。
そしてこのスタンス幅の違いにも世代を感じます!多分20代前半までの人はかなり広いんじゃないでしょうか?

そうそう思い出したけど、今日セッティングを間違えて60CMで滑っていたんです。
何か板に乗れてないなと思ってたんだけど、板変わったしバーンもシャバシャバだからかなとイケてない自分に疑問を持っていたんですが、原因が分かって安心しました!

60CM........

僕には無理っす!
早速58CMに戻したので明日違いが分かるのがかなり楽しみです。
雨予報ですが気にせず滑ります!

おやすみなさい。

スピード感覚 

カテゴリ:HOW TO?

20070408190529
こんばんは。
めちゃ暇です。家についに一人残され孤独死してしまいそうです(^_^;)

話は変わって、今日キッカーのスタート台でこんなことを聞かれました。
「アプローチのスピードはチェックどの位ですか?」
「う~ん、わかりません。」
これはTWSJのBLOGでも語らせてもらったのですが、スピードチェックは人を頼らない方が良いです。

何故なら板の走り、走らせ方は人によってかなり違うからです。
教えた人は自分の感覚で言っているので正しいのでしょうが、それをうのみにして届かなかったり飛び過ぎても責任は取れません(^_^;)

僕の板は毎日しっかり手入れしているので人より走る自信があるし、走り過ぎても嫌だからワックスは基本的に剥さないようにしています。それじゃ意味ないですけど(^_^;)

だから僕はできるだけ人のアプローチを見ないことにしています。スピード感覚を鍛えれるし、人によってまどわされるので見ないで自分を信じるようにしています。
そう「信じ」で!です(古いよね。分かるかな?)

このスピード感覚を養うことでスロープスタイルにかなり強くなります!
アイテムとアイテムの繋ぎのスピードを把握できるかできないかで繰り出すトリックの完成度が変わってくると思うんです!スピードに不安を抱きながらとぶことが一番完成度とメイク率に影響すると思うからです。

僕はスピードチェックがかなり苦手なんですが、これは多くの経験が必要になってくるのだと感じています!

僕がキャンプでキャンパーの子たちに言うのは「せっかくリフト券を買うのだからハイクも良いけどフリーランしながらパークに入りなさい!」ということです。

パークに向かう途中のフリーランでパーク以上に練習できることがあるし、スピード感覚を養うのは流して滑るということがとても大事だからです!

今後初めてトライするサイズのジャンプや不安を抱くようなジャンプと対面するときに人に聞くことや人のアプローチを見るのも良いかと思います!
でもそれは大まかな目安として捉えた方が良いです。

おすすめとしてはまずアプローチしてみてリップ直前で止まります!(他の人も飛ぶので荒らさないように)
リップのトップからテーブルの角を見てみて距離感を把握してリップの作りなど頭に入れてスピードを自分の中で予想してみます。
そこで初めて人に聞いたり、人のアプローチを見て自分の予想したスピード感覚と照らし合わせます。

合っていれば自信に繋がるし、間違えていたら修正すれば良いのです。
決して勢いだけ突っ込むのはおすすめ出来ません。

怪我してしまうのはリスクを背負う以上はやむを得ないのですが、スピード感覚だけでなく全てのことに自分の実力以上のことをするのは怪我をしにいっているようなものなんです!

少々口うるさい親父調で申し訳ないですが、このスピード感覚を疎かにしている人や大切さに気付いてない人を最近良く見掛けるので書いてみました。

僕もスピード感覚を養おうと必死なので頑張って体得しましょう!ちなみに写真は田中の長男シンノスケです。超カワイイ(^O^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。